ふきのとう学習会Vol.21 ゲスト清水洋行さん(千葉大学教授)「「鳥の目」「虫の目」「魚の目」で市民参加による支援・サービス活動をみる」

2018-12-27

ふきのとう学習会vol.21 1月26日

「『鳥の目』『虫の目』『魚の目』で市民参加による支援・サービス活動をみる~〈食支援〉活動の1972年、1986年、2002年、そして2017年~」
ゲスト 清水 洋行さん
(千葉大学大学院人文科学研究院 教授)

1970年代に始まった高齢者の食を支える活動から、最近ではこども食堂の誕生まで、住民が担う"食"の支援活動は各地に広がりました。
その歴史を振り返りつつ、活動を将来につないでいくための課題ついて、お話いただきます。


■日時 1月26日(土)18:00~(受付17:40~)
■会場 ふきのとう本部(世田谷区上用賀6-19-21)
■参加費 500円 軽食付き
■定員 30名
第Ⅰ部学習会(18:00-19:30)
第Ⅱ部はゲストを交えての会食&交流タイム(19:30-20:30)

どうぞお楽しみに♪

■参加方法 
電話03-3706-2545
メール infomow@mow.jp
■ごはんを16時からつくります。キッチンチームのお手伝いを募集しています。申込時にお問い合わせください。
ふきのとうの畑で育った野菜をつかって料理をします